FC2ブログ
世界のニュースから、日本であまり報じられていないニュース、心温まるできごと、面白いイベントなどを紹介しています。
by Victor Davis Hanson

The year is quite young, and yet it has already seen a multitude of disturbing events and trends — unrest in Cairo and North Africa; nuclearization in Iran; a growing anti-American alliance among Turkey, Hezbollah, Iran, and Syria; the expansionary designs of a newly unabashed China with attendant repercussions on Japan, South Korea, and Taiwan; calls for the end of the dollar as the global currency; the muscle flexing from an “I can’t believe my good luck” Russia; and the tottering of the European Union. I have no idea how most Americans react to any of the above, and I don’t think the administration has either.

We do know that President Obama wants to borrow another $1.6 trillion this year to ensure expansion of EU-like entitlements. One mystery is why the Chinese — 400 million of whom have never encountered Western-style medicine — apparently won’t mind lending us more of their hundreds of billions of dollars in surpluses to fund Obamacare. Another is why people should risk their environments in Africa, the Russian Arctic, and Asian coastal waters to provide petroleum for a thirsty planet, while we will not take much smaller risks to satisfy our own voracious oil appetite. The only common denominator is our desire to consume more than we produce.


Yet the impending crises on the horizon — so reminiscent of the annus horribilis of 1979, when the wages of another American president’s sermonizing and economic weakness came due — are not foreordained to come at America’s expense. Were we to put our financial house in order, slash our deficits, show the world how we intend to pay down our $14 trillion debt, and make the needed long-term reforms to Social Security and Medicare, the United States would be in a unique position in comparison to an ailing and sclerotic Europe, a demographically challenged Japan, and a China with a rendezvous with social tension, environmental catastrophe, and a warped demography. We are still a more open and transparent society than our rivals — with a more meritocratic ethos, far greater social and political stability, and blessed with vast natural and human resources. Why, then, cannot we regain our exceptionalism?

In a word, I think we do not wish to. The problem — aside from the fact that we are a country obsessed with wrangling over distribution of old wealth (much of it provided by previous generations) rather than creation of new national riches — is that the United States does not quite know what its role should be in yet another new world order.

Hence, President Obama was a day late and a dollar short in figuring out both the Tehran 2009 and the Cairo 2011 protests. Like a modern-day Hamlet, he paused to examine every imaginable consequence before doing nothing — as in “Should I criticize Ahmadinejad when I promised in landmark fashion to meet face to face with the Iranians? Where is the U.N. in all of this? If I encourage the protesters, am I interfering in the internal affairs of Iran — the way America did a half century ago, for which I just apologized? If I support democratic reform, will I appear no different from a Bush neocon? Will Mubarak survive or will he not? Should he, or should he not? Are the protesters authentic Egyptians or Westernized upper middle classes without Third World bona fides? Are they Kerensky types about to be swallowed up by hard-core Islamists? Could my own unique heritage not appeal to the Muslim Brotherhood as I was hoping it would when I reached out to Iran and Syria? If I pressure Mubarak, will the Right ask why I did not pressure Ahmadinejad? If I do not, will the Left accuse me of realpolitik? Isn’t Bush at fault somewhere here?” So many questions, so many occasions to vote present.

The reset “I’m not Bush” Pavlovian foreign policy is in shambles. There comes a moment in which a trivial event finally distills chaos into clarity. In the Obama administration’s case, it was the description of the Muslim Brotherhood by the director of national intelligence, James Clapper, who just assured Capitol Hill that the Brotherhood was “largely secular” and has “eschewed violence.” Keep that inanity in mind, and almost everything else becomes clear. Add “Muslim” to “Brotherhood” and these days you get “largely secular.”

The euphemisms for terrorism have become a late-night-show running joke; more, not fewer, terrorist plots directed at the U.S. have answered Obama’s Muslim outreach efforts. It is by now about as likely that Eric Holder will try KSM in a New York federal court as that Obama himself will close down Guantanamo, which he earlier described as “a tremendous recruiting tool for al-Qaeda.” The one Obama success (in Joe Biden’s words, the administration’s “greatest achievement”) was a still-constitutional Iraq — only because Obama dropped his own campaign promises on unilateral withdrawals and stuck to the Bush-Petraeus departure plans.

A strengthened U.S. role in the U.N. has come to nothing. Did we gain anything by humiliating Israel in 2009? Are Venezuela and its axis moderating their efforts to turn Latin America into a Marxist utopia? Has America ever before joined Mexico — or any other foreign government – in efforts to sue one of its own states that simply wanted federal law enforced? Was Russia really all that eager to help an appeasing U.S. diplomatically? When the U.S. provided serial numbers of British nuclear weapons to Putin’s Russia, and when Europeans like Angela Merkel and Nicolas Sarkozy have to lecture the West about the failures of multiculturalism, we are reminded that the Europeans should have been careful of what they so loudly wished for during the 2008 presidential campaign.

Are we inept or calculating in piling up over $4 trillion in debt in just 36 months and lowering America’s global profile? If the goal of the present American administration is to turn the United States into something envisioned on university campuses, the editorial page of the New York Times, and breezy synopses on NPR, then it is right on schedule. But what would that new America look like?

An enormous public sector, guided by an elite European-like technocracy overseeing henchmen in public unions, would ensure spread-the-wealth redistribution, more regulation, and an ideology of equality of result that reminds us that at some point (the new financial Mason-Dixon line of $250,000 in annual income?), we have made enough money at someone else’s expense. Abroad, it might mean a new America analogous to France or Germany, which from time to time would chest-pound about current crises, but would risk nothing while calibrating the post-facto humanitarian rhetoric to match realities on the ground.

In sum, just as we are to be all equal at home, so abroad all nations are to be equal as well — if not by fiat, at least by wish. Sameness, here and abroad — that is the new national aspiration.

「National Review Online」より転載
http://www.nationalreview.com/articles/259829/new-america-new-world-order-victor-davis-hanson?page=2
スポンサーサイト



  1. Edit
  2. Permalink
  3. |Category:アメリカのサイト
  4. コメント:0
  5. トラックバック:0
マードック事件 :本当に何かが変わるのだろうか?

にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ
にほんブログ村


America's Best Political Newsletter "Counter Punch" から
『The Duel : Pakistan on the Flightpath of American Power』の著者
Tariq Ali氏が書いたイギリスのマードック事件に関する記事をご紹介します。
51jnQeyn0bL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_


イギリスの政治文化の腐敗は、長い間この国の多くの人が偽りにより意のままに操られてきたが、ここ数週間で、公に晒され始めた。この国の最も権力のあるメディア界の大物が、彼に都合の良い日曜紙 ― ニューズ・オブ・ザ・ワールド(セレブのセックス・スキャンダルを専門にしたり、殺人捜査や失踪などに関する内部情報を得るため警察と密接なつながり持ったりした)を ― を廃刊することを余儀なくされた。

彼らは、殺人事件の犠牲者の携帯電話にハッキングして盗聴するなど度が過ぎたことを行い、そのせいで、犠牲者はまだ生きているという印象を作り出してしまった。

このことは、この国の政治家や古参の警察官の心に火をつけ、全国的な嫌悪を引き起こすきっかけとなった。なぜデーヴィッド・キャメロンは、首席報道官として重鎮マードックを雇ったのか? なぜスコットランド・ヤード(ロンドン警視庁)は、同じ組織からもう一人ジャーナリストを雇ったのか? もちろん私たちはなぜか知っている。しかし、激しい怒りとなったこの事実は、理由を受け入れがたいものにしてしまう。

まさに突然勃発したイギリスのスキャンダルであり、またたくまに国民の関心の的となった。権力、金、セレブ主義の泡にまみれた世界の外に住むほとんどの人は、この下にあるのは病んだ政治(サイコ・ポリティックス)だと感じている。だが、人々は、この国の銀行家、メディア界、政治家、裁判官、そして警察の堕落した政治組織に対して抱く心からの怒りに代わって、ある部分では逃避している。経済は混乱していて、耐乏が求められている。スコットランドはひどく不満を抱いているが、少なくとも国会議員はルパート・マードックとその息子に問いただすことができるし、彼らが人前で謝罪し縮み上がる姿を見ることだってできるのだ。

マードックは、二度生き返っている。一度目は、ロンドン警視庁が経費をごまかしているのを暴露し、シンガポールに勧められた透明な模範に従うよう責めたことで『デイリーテレグラフ』を賞賛したとき、二度目は、抗議者にシェービングフォームを投げつけられたときに、妻のウェンディ・マードックが男を撃退したことである。その他に、マードックは二人で良い芝居をして見せた。崩壊の後、エンロン社のエグゼクティブのように思われた息子のジェームズと目に涙をしたためたルパートは、ガリポリでの惨事を公けにした聡明な父からどのようにジャーナリズムを学んだかを説明した。リハーサルされたドラマだったのか? いくらマードックがBスカイBを入手しないとしても、本当に何か変わるのだろうか?

マードック帝国は、マーガレット・サッチャーの時代からイギリスの政治を支配してきた。彼女はマードックに衛星テレビ放送を与えた。マードックは印刷労働組合を潰し、彼の新聞は鉱山労働者を滅ぼすのに一役かった。彼は、民営化と自由市場教義と戦争を賞賛するカルチャーを作り出す道具となった。(世界のさまざまな地区にある300近いマードックの新聞すべてはイラク戦争を支持している)サッチャー=マードック連合により解き放たれた右翼人民主義は、第二次世界大戦後に作り出された民衆の精神を去勢した。この支配力はとても強かったので、他の新聞やテレビネットワーク(チャンネル4やBBCなど)は自信を喪失し、発行部数や視聴率に追われる活気のない類似品となってしまった。階層や信条、人種を問わず多くの人に愛されたクラシック音楽はエリート主義とみなされ、 BBC2での放映は許されない。

サッチャーの後継人であるトニー・ブレア、そしてゴードン・ブラウンは金とマードック崇拝を続けてきた。 ブレアは、メディア界の大物の前で絶えず自分の品位を落としてきた。ブラウンも同じだった。マードックの報道編集者は、公邸でのお馴染みのゲストになっていた。彼らの個人的なパーティには決まって首相とその側近が出席した。つい先日、マードックは、ゴードン・ブラウンと頻繁に会っていると述べた。彼らの家族とは友人であると。デーヴィッド・キャメロンはその尻馬に乗り、彼の階級にも関わらず、ブレアのようになって、金と政治につながるものはすべて、誰でも抱擁する姿勢を明白にしている。

ピーター・オボーンは、常に保守的な『デイリー・テレグラフ』に記事を書いているジャーナリストで、キャメロンのきらめくほとんどのポートレートを提供していて、いかがわしいチッピング・ノートン・セットの一部になったことで、意識的に下水管に降りていったことを暗示している。

「キャメロンは、『ニュース・オブ・ザ・ワールド』の編集者であるアンディ・コールソンを通信指導者として雇うべきではなかった。ルパート・マードックに近づくべきではなかった。そして、何よりも最悪の間違いは、巨大メディアの『ニュース・インターナショナル』社の最高責任者リベカ・ブルックスと親しく付き合うべきではなかったのだ。彼女が不名誉と恥辱にまみれた会社から立ち去るのは単に時間の問題だろう。私たちはここで挙動のパターンについて話しているが、実際に、方向性として説明するにふさわしい。キャメロン氏は、自分が尊敬されることのない社交グループ引きずり込まれることを許し、イギリスの首相を放任し、見られたくないところを見られなければならない」

キャメロンは、党の操作をするにあたって、ブレアのように権威主義者で日和見主義者に見せかけた。しかし、この火山爆発のようなスキャンダルから政治的溶岩が流れ続けるとしたら、当分の間、暴露した物事によって傷つけられるイギリス首相は、自分の剣を取る以外選択はほとんどないだろう。私たちはその段階まで到達しなかった。

そうした中で、イギリス議会における三者の合意は新自由主義とヨーロッパ中を荒廃させたその教義を捨てないだろう。マードックのボロボロのメディア帝国と異なり、立ち去らないことが問題である。

By TARIQ ALI
Tariq Ali is the author of The Duel : Pakistan on the Flightpath of American Power .

原文:America's Best Political Newsletter " Counter Punch "
http :// www.counterpunch.org/ tariq07202011.html


  1. Edit
  2. Permalink
  3. |Category:アメリカのサイト
  4. コメント:0
  5. トラックバック:0
フォースとともにあれ、ケイティー!

そういえば、心温まるできごとを紹介します、とブログの紹介に書いているのに
ほとんど載せていないことに気がつきました。

そんなとき見つけた、スターウォーズファンの7歳の女の子ケイティーの話。
発端は、スターウォーズの水筒を学校に持って行ったことから、いじめが始まり、
それを知ったお母さんのキャリーさんは「ChicagoNow」というコミュニティサイトの
ひとつ「Portrait of an Adoption」にケイティーのいじめについて投稿します。

その文章がとても素晴らしくて、結末もとても素晴らしくて
本当に心が温かくなりました。キャリーさん、ありがとう!!


いじめをなくすための第一歩

11月15日~19日は、学校でのアンチいじめウィークです。多くのみなさんと同じように、最近のいじめの被害者について、呆然としながら読み進めました。これら若者たちが受けた苦痛を思うと、胸が痛みます。

私はいじめを、私の子どもより年上の子が直面している問題として考えてきましたが、最近、1年生の娘との会話で、その考えを改めました。おそらくいじめは、ここから、小さいときから始まっているのだと。

夏の終わりに、ケイティーと私はTarget (アメリカの大型量販店)に新学期のためのバックパック、ランチボックス、そして水筒を買いにいきました。いろいろと考えて、ケイティーはスターウォーズのバックパックに合うスターウォーズの水筒を選びました。

ケイティーはスターウォーズが大好きで (moi aussi)、新しいグッズを手に入れてとてもわくわくしていました。最初の数ヵ月は、ケイティーは誇らしげに自分で水筒に水を入れ、お弁当を詰める私の手伝いを毎朝してくれました。

ところが1週間前に、私がお弁当を詰めていると、ケイティーが言いました。「私のスターウォーズの水筒は小さすぎて水が十分入らないの。他のを持って行っていい?」 そうしてカップボードのところへ行き、ピンクの水筒を見つけると、「これを持って行く」と言ったのです。

私は当惑しました。「ケイティー、この水筒はスターウォーズのより大きくないわよ。明らかに小さいと思うけど」

「いいの、これがいい」彼女は言い張ります。

私はこの件にこだわりました。意味がわからなかったからです。すると、ケイティーが突然泣き出しました。

彼女は泣きながらこう言ったのです。「1年生の男の子が、ランチのときにいじめるの。私がスターウォーズの水筒を持っているから。それは男の子のものだって。毎日私がそれで水を飲むたびにからかうの。からかわれるのはいやだから、ピンクの水筒を持って行く」

私はケイティーを強く抱きしめ、心が沈むのを感じました。このようなもろい幼い年の子が、水筒のことで恥ずかしい思いをするなんて。数ヵ月前には、彼女をわくわくさせ、喜びをあたえた水筒だったのに。

どのようにして始まったのか? 子どもたちは他とは違うことをする子を見つけて、言葉やあざ笑いで彼女を仲間はずれにするのか? 娘は受け入れられるよう従うべきなのか?

私を当惑させるのは、これらの1年生の男の子たちを知っているからです。この子たちが、私の娘をいじめる意地悪でひきょうな男の子とは単純に思えないのです。彼ら一人ひとりはいい子で、ケイティーはよく楽しそうに遊んでいます。

ところが、一群にまとめてしまうと、傷つきやすく安全でないような気持ちになるのでしょう。そのことが彼らに、娘のスターウォーズ水筒をからかうといった、思いやりのない行動をとらせるのかもしれません。

おそらく互いに笑いたくて、そういうことをするのでしょう。みんながケイティーをからかうのに忙しければ、誰も自分をからかわないだろうと、そういうことをするのかもしれません。彼女に注目を集めるためにいじめをすることが、この年齢の社交術の限界なのかもしれません。

「ケイティー、違っていても大丈夫なのよ。女の子がみんなピンクの水筒で飲む必要なんてないのよ」

「違いすぎるのはいやなの」ケイティーは涙ながらに訴えます。「私はもともとみんなと違う。クラスの誰もメガネや眼帯をつけてないし、誰も養子じゃない。今はもっとみんなと違うのよ。スターウォーズ水筒のせいで」

ケイティーは、養子であることと視力が悪いせいで他の子と異なる事実を受け入れることができないのです。けれども、ケイティーは学校に付けていくアクセサリーを自分で決めているし、選ぼうとしています。他と異なることの度合いがあることを彼女は学んでいるのです。そして、どのように自分の違いを最小限度に抑えるかを望んでいるのです。

他人と異なるということは、分かりづらいテーマです。私たちは多様性を賛美し、寛容を説きます。と同時に、大人の私たちは異なるものに対してしばしば恐れをいだきます。私は人々が、ゲイであったり貧しかったり、太りすぎだといって互いにからかうのを目にします。私は大人たちが、異なる宗教や政治信念を持つ他の人をいじめるのを目にします。

私は人々が、公には多様性を賛美し、個人的には異なる人を攻撃するのを目にします。

そのことが、子どもたちにジワジワと伝わっていき、好みのおもちゃのタイプによって互いをけなすようになるのです。それで、一組の1年生と水筒とともにいじめが始まるのです。今ここで、地域社会の私たちは、知らず知らず深みにはまる、異なる者へのいじめの状態を認識する必要があります。私たちは、誰にも危害をあたえない限り、互いに選択したものをサポートすることを示す必要があります。

私はケイティーに自分の考えをすべて話しました。話し合いは、最適なディフェンスです。私は、彼女が本当に望むなら、スターウォーズ 水筒を持って行くことを勧めました。他の子と違ったとしても。今日、ケイティーは、その水筒を持って行く勇気を得ました。彼女が神経質にならずにランチを食べられることを願っています。

私はケイティーに、一人じゃないことを、他にもスターウォーズ を理解する女性たちがいることをわかってほしいと心から願っています。これを読んでいるスターウォーズ ファンの女性がいましたら、ケイティーの応援をお願いします。あなたたちのメッセージやコメントを彼女に読んで聞かせます。きっとケイティーは、私が思うに、たくさんの女性ファンの数に驚くことでしょう。

そして、ピンクの水筒を持っていきたがる男の子のお母さんがいらっしゃるなら、ケイティーのことを伝えて、元気づけてあげてください。「彼女が“男の子用の”水筒を持ち歩くことができるなら、彼だって“女の子用の”水筒を持つことができる」 すべての子どもが、他と違うことを理解することができる、自信に満ちた大人に成長するよう、ヘルプしていこうじゃありませんか。

      

ケイティーは、いただいたコメントに大喜びしています!! 私の可愛い1年生の娘は、パソコンの前に私と一緒に座って、読者からの素敵な元気のでる書き込みを声を出して読んでいます。彼女の顔は輝いています。夕食後毎晩、私たちは一緒に座り、ケイティーは私や父親にいくつかのコメントを聞かせてくれます。コメントをプリントアウトして、彼女が必要と感じるときにいつでも読めるよう、本にするつもりです。今日、ケイティーは、スターウォーズ のシャツを着て学校に行き、私に言いました。「(コメントをくれた)みんなにこのことを教えてね!!」 彼女は本当に自信を取り戻したのです。学校に行く前、スターウォーズ のシャツを着たケイティーは、ちょっぴり気取ってつま先で回ったんです。

みなさんありがとう、キャリー。



ケイティーがへこたれないよう、フェイスブックの『Portrait of An Adoption』をどうぞお気に入りに入れてください。私はそこにすべての記事を載せています。

Please go here http :// www.babble.com/ babble-50/ mommy-bloggers/ nominate-a-blogger/ to vote for Portrait as a best Mom Blog of 2010 . It is currently#5 .

原文:2010.11.15 ChicagoNow
http :// www.chicagonow.com/ portrait-of-an-adoption/ 2010/ 11/ anti-bullying-starts-in-first-grade/

  1. Edit
  2. Permalink
  3. |Category:アメリカのサイト
  4. コメント:0
  5. トラックバック:0